目毎日糖尿病と戦っている人たちの正月のおせちとは

>

それでも正月くらいはおいしいものが食べたい

糖尿病でもおせち料理は食べたい

とはいうものの。年に一度の正月くらいはいつもの食事と違うメニューを食べてみたいというのが患者の本音ではないかと思います。
かといって管理栄養士の指示は病気を治療するためには絶対守らなくてはならないものであり、患者の言うとおりにはなかなか行かないもので、結局はいつもの病人食ということになってしまうのがほとんどの例かと思います。
こういった悩みを抱えている家庭は多いのではないかと思いますが、最近は食品加工会社も相当がんばりを見せており、糖尿病患者用の食品が次々と販売されており、いままでの環境が少しずつ変わってきています。
中にはおせち用のメニューなども出始めており、患者にとっては嬉しい環境の変化が起こってきています。

最近出ている糖尿病の人のためおせち用食品

さらに嬉しいことには、最近はインターネットショップがものすごく進化しておりまして、通常の糖尿病患者に向けてのメニューやさらにおせち用の食事メニューも出てきており、しかもネットショップですのですべて宅配で届けてくれるという看護側にとってもとても嬉しいサービスが出てきています。
メニューに関しても普通のおせち料理と比べても遜色の無い内容でしかもカロリー計算がされているとなれば、自宅で苦労して作るよりも宅配してもらったほうがうれしいですね。
また価格が非常に高そうなイメージもありますが、通常のおせちの価格から考えればほぼ代わりが無い価格帯であり、負担もそう大きくはなさそうなので安心して購入できると思います。
こうした便利なサービスは思い切り利用して一年に一度の正月くらいは楽しみたいものです。


この記事をシェアする